源平合戦

後白河法皇とは何者だったのか?保元の乱・平治の乱に巻き込まれた中で、朝廷の権威を守った

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、「後白河法皇」についてご紹介していきます。

「後白河法皇」の簡単な略歴は以下ですね

後白河法皇のプロフィール

  • 1127年:誕生
  • 1192年:死去(66歳)

この記事でわかる事としては、「後白河法皇」の縁の物事、いわゆる「後白河法皇」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「後白河法皇とは何者だったのか?保元の乱・平治の乱に巻き込まれた中で、朝廷の権威を守った」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

後白河法皇とは何者か?

こちらでは、「後白河法皇」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

後白河天皇は、第77代天皇です。

鳥羽天皇の第四皇子として生まれていますね。

異母弟・近衛天皇の急死により皇位を継いています。

その後、譲位後は34年にわたり院政を行っています。

保元・平治の乱、治承・寿永の乱と戦乱が相次ぎ、二条天皇・平清盛・木曾義仲との対立により、幾度となく幽閉・院政停止に追い込まれています。

しかしそのたびに復権を果たした粘り強い人物ですね。

政治的には定見がなくその時々の情勢に翻弄された印象が強いという見方が強い天皇です。

一方で、新興の鎌倉幕府とは多くの軋轢を抱えながらも協調して、その後の公武関係の枠組みを構築していっています。

また、南都北嶺といった寺社勢力には厳しい態度で臨む反面、仏教を厚く信奉して晩年は東大寺の大仏再建に積極的に取り組んだ天皇でもありますね。

和歌は不得手だったが今様を愛好して『梁塵秘抄』を撰するなど文化的にも大きな足跡を残しています。




後白河法皇:参考になるおすすめ本

こちらでは、「後白河法皇」について学べるおすすめ本をご紹介してまります。

無料でおすすめ本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

引用:Kindle

歴史小説やコミック本などが読めるサービスとして、Kindle Unlimitedもたくさんの書籍を扱っているサービスですね。

様々な本を月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

歴史系のコンテンツも多いので、勉強にもなりますね。

ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連リンク:Kindle Unlimitedに登録して歴史本を読む

後白河法皇が登場するおすすめドラマ・映画

こちらでは、「後白河法皇」が登場するおすすめ作品をご紹介してまります。

平清盛

後白河天皇を松田翔太さんがめちゃくちゃカッコよく演じられていますね。

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。

後白河法皇のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「後白河法皇」についてご紹介してきました。

今回は、「後白河法皇とは何者だったのか?保元の乱・平治の乱に巻き込まれた中で、朝廷の権威を守った」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事