源平合戦

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじやキャストやロケ地について紹介します!

こんにちは、武将好きのジョーです。

2022年の大河ドラマは、小栗旬さん主演で、三谷幸喜さん脚本の「鎌倉殿の13人」が始まりますね。

どんな大河ドラマになっているのか、気になってしまっている人がこの記事をおそらく読まれているでしょう。

この記事では「2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじやキャストやロケ地について紹介します!」と題しまして、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじやキャストやロケ地などの情報についてまとめていきます。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじ紹介

それでは、ここでは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじについてご紹介してまいります。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじは以下です。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじ

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。
1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。
頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。
幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中でげ替えられていく。
義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府のかじを取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

*  *  *

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。頼朝の天下取りは十三人の家臣団が支えていた。頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、その中で最後まで生き残り、ついに権力を手中に収めたのが、十三人中もっとも若かった北条義時である。

*  *  *

華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に
権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き──
源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。
野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。
新都鎌倉を舞台に繰り広げられる、パワーゲーム。
義時は、どんなカードを切っていくのか──

引用:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=21781

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のキャスト一覧情報

【北条氏】 キャスト
北条義時 小栗旬
北条政子 小池栄子
北条宗時 片岡愛之助
北条時政 坂東彌十郎
牧の方 宮沢りえ
牧宗親 山崎 一
阿波局 宮澤エマ
【源氏】
源頼朝 大泉 洋
源義経 菅田将暉
源範頼 迫田孝也
阿野全成 新納慎也
源頼家 金子大地
源行家 杉本哲太
大姫 南 沙良
武田信義 八嶋智人
木曽義高 市川染五郎
木曽義仲 青木崇高
巴御前 秋元才加
山内首藤経俊 山口馬木也
八重(やえ) 新垣結衣
亀(かめ) 江口のりこ
道(みち) 堀内敬子
比企尼(ひきのあま) 草笛光子
【坂東武士】
比企能員 (13人の1人) 佐藤二朗
畠山重忠 中川大志
安達盛長(13人の1人) 野添義弘
和田義盛(13人の1人) 横田栄司
伊東祐親 浅野和之
土肥実平 阿南健治
梶原景時(13人の1人) 中村獅童
上総広常 佐藤浩市
三浦義澄(13人の1人) 佐藤B作
仁田忠常 高岸宏行(ティモンディ)
千葉常胤 岡本信人
伊東祐清 竹財輝之助
工藤祐経 坪倉由幸(我が家)
善児
梶原 善
【幕府官僚】
三浦義村 山本耕史
三善康信(13人の1人) 小林 隆
大江広元(13人の1人) 栗原英雄
【平家】
平清盛 松平 健
平宗盛 小泉孝太郎
大庭景親 國村 隼
【天皇】
後白河法皇 西田敏行
丹後局 鈴木京香
平知康 矢柴俊博
【藤原氏】
藤原秀衡 田中 泯

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の”13人とは”誰か?

こちらでは、「鎌倉殿の13人」の13人とは誰だったのかを解説していきます。

13人は、「13人の合議制」と呼ばれる源頼朝の死後に発足した鎌倉幕府の集団指導体制です。

1225年に設置された評定衆の原型とされる制度ですね。

人名 役職 備考
大江広元 公文所別当 → 政所別当
中原親能 公文所寄人 → 政所公事奉行人 京都守護
二階堂行政 公文所寄人 → 政所令別当 → 政所執事
三善康信 問注所執事
梶原景時 侍所所司 → 侍所別当。播磨・美作守護 正治元年(1199年)失脚(梶原景時の変)
足立遠元 公文所寄人
安達盛長 三河守護 正治2年(1200年)病死
八田知家 常陸守護
比企能員 信濃・上野守護 建仁3年(1203年)謀殺(比企能員の変)
北条時政 伊豆・駿河・遠江守護 元久2年(1205年)追放(牧氏事件)
北条義時 寝所警護衆(家子)
三浦義澄 相模守護 正治2年(1200年)病死
和田義盛 侍所別当 建暦3年(1213年)滅亡(和田合戦)

引用:Wikipedia

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のロケ地について

こちらでは、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のロケ地についてご紹介してまいります。

序盤のロケ地については、静岡県内でのロケが多いようですね。

よく行われているロケ地としては、以下のようです。

「鎌倉殿の13人」のロケ地

  • 伊豆 国市
  • 沼津市
  • 裾野市
  • 富士宮市 など

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をさらに楽しむ方法

それでは、ここからは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をさらに楽しむ方法をご紹介してみたいと思います。

基本的には、2つですね。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をさらに楽しむ方法

  • 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の関連書籍や予習本を読む
  • 過去の大河ドラマや映画を観る

以下で簡単にご紹介していきますね。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の関連書籍や予習本を読む

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の関連書籍や予習本を読むのがおすすめですね。

おすすめ本に関しては、こちらの記事でもご紹介していますので、よければご覧ください。

無料でおすすめ本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

引用:Kindle

鎌倉時代など、歴史小説やコミック本などが読めるサービスとして、Kindle Unlimitedもたくさんの書籍を扱っているサービスですね。

様々な本を月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

歴史系のコンテンツも多いので、勉強にもなりますね。

ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連リンク:Kindle Unlimitedに登録して歴史本を読む

過去の大河ドラマを見る

鎌倉時代の大河ドラマなどを見るのも良いですね。

  • NHK大河ドラマ:平清盛
  • NHK大河ドラマ:義経
  • NHK大河ドラマ:草燃える

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。

2022年1月「平家物語」が放送開始!

2022年1月からアニメ『平家物語』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、2021年9月15日から先行独占配信されています。

『平家物語』は、平家の栄華と没落までを描いた古典の名作として知られていますね。

連続テレビシリーズとしてアニメ化されるのは、今回が初めてです。

こちらもぜひチェックしてみてください!

関連するサービス

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじやキャストやロケ地について紹介します!」と題してご紹介してまいりました。

それではまた次回!