源平合戦

北条義時とは何者か?大河ドラマ鎌倉殿の13人やお墓や本の紹介:父・時貞を追放した鎌倉幕府2代目執権

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、「北条義時」についてご紹介していきます。

2022年のNHK大河ドラマは、この「北条義時」が主人公の「鎌倉殿の13人」が描かれますね。

脚本は三谷幸喜さん、主演の北条義時を演じるのは小栗旬さんです。

「北条義時」の簡単な略歴は以下ですね

北条義時のプロフィール

  • 1163年:誕生
  • 1192年:鎌倉幕府
  • 1224年:死去(62歳)

この記事でわかる事としては、「北条義時」の縁の物事、いわゆる「北条義時」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「北条義時とは何者か?大河ドラマ鎌倉殿の13人やお墓や本の紹介:父・時貞を追放した鎌倉幕府2代目執権」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

北条義時とは何者か?

こちらでは、「北条義時」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

北条義時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将ですね。

鎌倉幕府の第2代執権となった人物です。

1219年に、鎌倉幕府の初代から3代にわたる源氏将軍が鎌倉から滅亡しました。

その後、北条義時が鎌倉幕府の実質的な支配者となった歴史があります。

幕府と朝廷の対立が激化すると、1221年に後鳥羽上皇より北条義時追討の宣旨が全国に発布され朝敵となってしまいます。

しかし、幕府軍は京都に攻め上り、朝廷を制圧。

仲恭天皇の皇位を廃し、3人の上皇を配流しています。

兄弟にあの北条政子がいますね。




北条義時の墓

引用:https://www.jalan.net/kankou/spt_22321af2170018071/

こちらが、北条義時のお墓ですね。

伊豆長岡駅からバスで15分ほどの場所にあります。

所在地:〒410-2221  静岡県伊豆の国市南江間862-1

北条義時が登場するおすすめドラマ・映画

こちらでは、「北条義時」が登場するおすすめ作品をご紹介してまります。

NHK大河ドラマ「草燃える」

1979年の大河ドラマでも北条義時は描かれていますね。

2022年の大河ドラマも小栗旬さん主演・三谷幸喜さん脚本でドラマ化されます。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

2022年の大河ドラマは、三谷幸喜さんが脚本を手がけて、小栗旬さんが主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」になると決まりましたね。

北条義時を演じる小栗旬さん

引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2021/06/09/73254/521923.html

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条義時時を演じる小栗旬さんのコメント

「1年半にもわたり、ひとつのテーマ、一本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい……体験しなければならない……僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟の要る仕事です。
しかし2年後40歳という節目の年に放送される大河ドラマをれることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの練熟した筆先が、どんな義時像を描き出すのか……また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずる事が出来るのか……など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです。」

引用:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=21781

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。




北条義時のおすすめ本

こちらでは、北条義時のおすすめ本をご紹介してまいります。

2022年に大河ドラマとして放送されるにあたって、色んなわかりやすい書籍が続々と登場してきましたね。

ここではいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

北条義時おすすめ本①:北条義時 「武士の世」を創った男

伊豆の田舎侍は、いかにして鎌倉幕府の重臣13人の頂点を極めたのか?というのが収められている内容のおすすめ本です。

「武士による天下の政」を夢見た男は、鎌倉幕府の独裁者なのか?という歴史的な見方もありますし、初の武家政権を創った立役者だったという見方もあります。

おそらくどちらも正しいのでしょうけど。

石橋山の戦いで兄、宗時を亡くした義時は、姉の政子の夫であり、主君でもある源頼朝に付き従い、平家打倒、武家政権の樹立へと邁進していきます。

そして、源頼朝が征夷大将軍に任命され、いよいよ鎌倉が政治の中心となった矢先、主君、頼朝が不慮の事故で急逝してしまいます。

二代将軍の源頼家、そして、三代将軍の源実朝も悲劇的な最期を遂げます。

そして、図らずも鎌倉幕府を背負わなければいけなくなった義時に、後鳥羽上皇より追討の院宣が発せられます。

七転び八起きの生涯。

もともとは伊豆の田舎武士だった北条義時が、頼朝に従い、鎌倉幕府の重臣を経て、ついには後鳥羽上皇から追討令を出される権力者となるまでの成長と葛藤を描く物語です。

北条義時おすすめ本②:北条義時 鎌倉幕府を乗っ取った武将の真実

こちらでは、鎌倉幕府を乗っ取り、天皇を島流しにした人物としてまとめられていますね。

こちらもおすすめ本です。

本書の主人公・北条義時はマイナー武将です。

ただし、この本では、鎌倉時代を真に作ったのは、源平合戦に勝利した源頼朝でも、鎌倉幕府で暗躍した有力御家人「鎌倉殿の13人」でもなく、最後まで生き残り、鎌倉幕府を我が物にした北条義時だったと語っていますね。

義時は頼朝と父・北条時政に巻き込まれる形で源平の戦いに加わり、やがて鎌倉幕府の有力者へと成長していきます。

その後、頼朝没後、義時は幕府中枢「鎌倉殿の13人」の死闘を勝ち抜き、ついには父親を追放して鎌倉幕府の実権を握っていきます。

北条義時は朝廷とも対立し、天皇・上皇との戦争という前代未聞の沙汰に及び、後鳥羽上皇らを打ち破って流罪にもしています。

知られざる名将の覇業が、このおすすめ本で明らかにしてくれていますよ。

北条義時おすすめ本③:北条義時 これ運命の縮まるべき端か

源氏将軍が途絶えた後、実質的に北条義時が権力をふるいます。

政治の主導権をめぐる朝廷と幕府の関係悪化から発生した承久の合戦では、幕府軍がはじめて武力で朝廷を制圧しますね。

戦後、後鳥羽上皇ら、三上皇を配流し、その後の朝幕関係を大きく変えたとも言えます。

本書では時代により評価が揺れる義時の実像にせまっています。




北条義時のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「北条義時」についてご紹介してきました。

今回は、「北条義時とは何者か?大河ドラマ鎌倉殿の13人やお墓や本の紹介:父・時貞を追放した鎌倉幕府2代目執権」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

鎌倉殿の13人の関連記事