源平合戦

源義仲とは何者だったのか?木曽で育てられ源氏で都に一番乗りした「朝日将軍」の異名をもつ武将

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、「源義仲」についてご紹介していきます。

「源義仲」の簡単な略歴は以下ですね

源義仲のプロフィール

  • 1154年:誕生
  • 1184年:死去(31歳)

この記事でわかる事としては、「源義仲」の縁の物事、いわゆる「源義仲」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「源義仲とは何者だったのか?木曽で育てられ源氏で都に一番乗りした「朝日将軍」の異名をもつ武将」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

源義仲とは何者か?

こちらでは、「源義仲」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

源義仲は、平安時代末期の信濃源氏の武将ですね。

河内源氏の一族、源義賢の次男です。

源頼朝・義経兄弟とは従兄弟にあたります。

木曾義仲の名でも知られていますね。

『平家物語』においては朝日将軍と呼ばれています。

以仁王の令旨によって挙兵、都から逃れたその遺児を北陸宮として擁護し、倶利伽羅峠の戦いで平氏の大軍を破って入京を果たしています。

連年の飢饉と荒廃した都の治安回復を期待されていましたが、治安の回復の遅れと大軍が都に居座ったことによる食糧事情の悪化、皇位継承への介入などにより後白河法皇と不仲となってしまいます。

法住寺合戦に及んで法皇と後鳥羽天皇を幽閉して征東大将軍となりますが、源頼朝が送った源範頼・義経の軍勢により、粟津の戦いで討たれています。




源義仲:参考になるおすすめ本

こちらでは、「源義仲」について学べるおすすめ本をご紹介してまります。

木曽義仲のすべて

無料でおすすめ本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

引用:Kindle

源義仲など、歴史小説やコミック本などが読めるサービスとして、Kindle Unlimitedもたくさんの書籍を扱っているサービスですね。

様々な本を月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

歴史系のコンテンツも多いので、勉強にもなりますね。

ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連リンク:Kindle Unlimitedに登録して歴史本を読む

源義仲のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「源義仲」についてご紹介してきました。

今回は、「源義仲とは何者だったのか?木曽で育てられ源氏で都に一番乗りした「朝日将軍」の異名をもつ武将」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事