源平合戦

源義経とはどんな人物だったのか?頼朝のもとに駆けつけ優れた軍事的才能で平氏を滅ぼし悲劇の最後を遂げた男

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、「源義経」についてご紹介していきます。

「源義経」の簡単な略歴は以下ですね

源義経のプロフィール

  • 1159年:誕生
  • 1189年:死去(31歳)

この記事でわかる事としては、「源義経」の縁の物事、いわゆる「源義経」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「源義経とはどんな人物だったのか?頼朝のもとに駆けつけ優れた軍事的才能で平氏を滅ぼし悲劇の最後を遂げた男」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

源義経とは何者か?

こちらでは、「源義経」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

源義経は、平安時代末期の武将で、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝は異母兄に当たりますね。

源義朝の九男として生まれ、幼名を牛若丸(うしわかまる)と呼ばれていた事でも有名ですね。

平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられ、その後に平泉へ下り、奥州藤原氏の当主・藤原秀衡の庇護を受けています。

また、兄・頼朝が平氏打倒の兵を挙げると、それに馳せ参じ、一ノ谷・屋島・壇ノ浦の合戦を経て平氏を滅ぼし、最大の功労者となっています。

その後、頼朝の許可を得ることなく官位を受けたことや、平氏との戦いにおける独断専行によって頼朝から怒りを買ってしまいます。

頼朝と対立し朝敵とされ、全国に捕縛の命が伝わると難を逃れ再び藤原秀衡を頼りますが、秀衡の死後、頼朝の追及を受けた当主・藤原泰衡に攻められ、現在の岩手県平泉町にある衣川館で自刃しています。

その最期は多くの人の同情を引き、多くの伝説、物語を生んでいますね。




源義経:参考になるおすすめ本

こちらでは、「源義経」について学べるおすすめ本をご紹介してまります。

源義経 源平武将伝 (コミック版日本の歴史)

無料でおすすめ本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

引用:Kindle

義経など、歴史小説やコミック本などが読めるサービスとして、Kindle Unlimitedもたくさんの書籍を扱っているサービスですね。

様々な本を月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

歴史系のコンテンツも多いので、勉強にもなりますね。

ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連リンク:Kindle Unlimitedに登録して歴史本を読む

源義経が登場するおすすめドラマ・映画

こちらでは、「源義経」が登場するおすすめ作品をご紹介してまります。

大河ドラマ:義経

源義経をタッキーが演じられていましたね。

大河ドラマ:平清盛

神木隆之介さんが義経を演じられていましたね。

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。

源義経のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「源義経」についてご紹介してきました。

今回は、「源義経とはどんな人物だったのか?頼朝のもとに駆けつけ優れた軍事的才能で平氏を滅ぼし悲劇の最後を遂げた男」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事