源平合戦

安達盛長とは何者だったのか?邸跡やお墓・足立遠元との関係を紹介:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の1人で源頼朝の側近

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、歴史上の人物で「安達盛長」についてご紹介していきます。

「安達盛長」の簡単な略歴は以下ですね

安達盛長のプロフィール

  • 1135年:誕生
  • 1192年:鎌倉幕府発足
  • 1200年:死去

この記事でわかる事としては、「安達盛長」の縁の物事、いわゆる「安達盛長」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「安達盛長とは何者だったのか?邸跡やお墓・足立遠元との関係を紹介:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の1人で源頼朝の側近」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

安達盛長とは何者か?

こちらでは、「安達盛長」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

安達盛長は、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した武将ですね。

鎌倉幕府の御家人でした。

鎌倉時代に繁栄する安達氏の祖としても知られています。

源頼朝の流人時代からの側近として、鎌倉幕府の立役者でもありますね。

後の十三人の合議制の1人です。

関連する記事

源頼朝とは何者か?お墓や死因、妻たちを解説:平氏を倒した鎌倉幕府の初代征夷大将軍のおすすめ本や大河を紹介




安達盛長邸跡について

こちらでは、安達盛長の邸跡をご紹介していきます。

屋敷があったのは、鎌倉ですね。

安達盛長邸跡の住所は下記になります。

日本、〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1丁目11−35

安達盛長の墓

こちらでは、安達盛長の墓をご紹介していきます。

引用:https://kamakura-guide.jp/adachimorinaganohaka

安達盛長の墓は伊豆にあるようですね。

安達盛長の墓の住所は以下です。

静岡県伊豆市修善寺964

1199年に源頼朝が死去すると出家し、蓮西と名乗っていたようです。

この時1135年生まれの盛長は65歳になっていました。

源頼家が第2代将軍になると、十三人の合議制の一人、三河国守護となり幕府の中枢で宿老として重きをなしていきます。

そして、1200年死去しました。

享年66歳でした。

墓所は、修禅寺の他に愛知県蒲郡市の長泉寺にもあります。

安達盛長の娘は源範頼の妻となっており、修禅寺は範頼が幽閉・誅殺された場所ですから、そういった関わりがあるのではないかと考えられています。

長泉寺は盛長が三河守護であったことと関係があるのでしょう。

安達盛長と足立遠元

ここでは、安達盛長と足立遠元との関係について触れています。

兄は藤原遠兼でその子が足立遠元とされている。遠元は年上の甥にあたるようですね。

関連する記事

足立遠元とは何者だったのか?源家将軍3代に勤仕し宿老として重用された幕府の有力御家人:十三人の合議制の1人で頼朝の側近

安達盛長が登場するおすすめドラマ・映画

こちらでは、「安達盛長」が登場するおすすめ作品をご紹介してまります。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

 

2022年の大河ドラマは、三谷幸喜さんが脚本を手がけて、小栗旬さんが主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」になると決まりましたね。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で安達盛長役を演じる野添義弘さん

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、安達盛長役を演じるのは野添義弘さんになりましたね。

引用:https://news.mynavi.jp/article/20201117-1503955/

「鎌倉殿の13人」で安達盛長役を演じる野添義弘さんのコメント

安達盛長は頼朝の流人時代から仕えてきた最古参の御家人なのですが、13人の中でも郎党という異色の存在。頼朝のために奔走し人生を捧げ、頼朝が最も信頼し本音を語れる人物という印象です。三谷さんの作品はどの作品も斬新かつ繊細でそれぞれに違ったおもしろさがあり、出演している俳優さんを羨ましく思い、指をくわえて見ていました。今回、三谷さんが描かれる作品なので、老練で寡黙ながらもおもしろ味のある、安達盛長を演じることができればと思います。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=26316

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。

安達盛長のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「安達盛長」についてご紹介してきました。

今回は、「安達盛長とは何者だったのか?邸跡やお墓・足立遠元との関係を紹介:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の1人で源頼朝の側近」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事まとめ

源頼朝とは何者か?お墓や死因、妻たちを解説:平氏を倒した鎌倉幕府の初代征夷大将軍のおすすめ本や大河を紹介

足立遠元とは何者だったのか?源家将軍3代に勤仕し宿老として重用された幕府の有力御家人:十三人の合議制の1人で頼朝の側近