源平合戦

源範頼とは何者だったのか?義経と共に平氏追討の総司令となり平氏滅亡後に殺された頼朝の弟

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、「源範頼」についてご紹介していきます。

「源範頼」の簡単な略歴は以下ですね

源範頼のプロフィール

  • 1150年:誕生
  • 1193年:死去(44歳)

この記事でわかる事としては、「源範頼」の縁の物事、いわゆる「源範頼」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「源範頼とは何者だったのか?義経と共に平氏追討の総司令となり平氏滅亡後に殺された頼朝の弟」と題してご紹介して参ります。

ぜひ、勉強に役立てて下さいね。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

源範頼とは何者か?

こちらでは、「源範頼」とはどのような人物だったのかについてご紹介して参ります。

源範頼は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将ですね。

河内源氏の流れを汲む源義朝の六男です。

源頼朝の異母弟で、源義経の異母兄に当たる人物です。

藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗っています。

治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼす大任を果たします。

その後も源氏一門として、鎌倉幕府において重きをなすが、のちに頼朝に謀反の疑いをかけられ伊豆国に流されます。

その後の範頼については不明ですが、『保暦間記』『北條九代記』などによると誅殺されたといわれていますね。

ただし、誅殺を裏付ける史料が無いことや子孫が御家人として残っています。




源範頼:参考になるおすすめ本

こちらでは、「源範頼」について学べるおすすめ本をご紹介してまります。

武家の棟梁源氏はなぜ滅んだのか

無料でおすすめ本を読むならKindle Unlimitedがおすすめ

引用:Kindle

源範頼など、歴史小説やコミック本などが読めるサービスとして、Kindle Unlimitedもたくさんの書籍を扱っているサービスですね。

様々な本を月額980円(税込)で、和書12万冊以上、また、洋書も120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

歴史系のコンテンツも多いので、勉強にもなりますね。

ぜひこちらも登録しておくことをおすすめします。

関連リンク:Kindle Unlimitedに登録して歴史本を読む

源範頼のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「源範頼」についてご紹介してきました。

今回は、「源範頼とは何者だったのか?義経と共に平氏追討の総司令となり平氏滅亡後に殺された頼朝の弟」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事