源平合戦

三善康信とは何者だったか?源頼朝を助けて初代問注所執事を勤めた武将の紹介!子孫や大河ドラマについても解説します。

どもども、武将好き歴史ファンのジョーです。

今回は、歴史上の人物でも一三人の合議制で名を連ねた「三善康信」についてご紹介していきます。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも登場する初代問注所執事ですね。

「三善康信」の簡単な略歴は以下ですね

三善康信のプロフィール

  • 1140年:誕生
  • 1184年:問注所執事
  • 1192年:鎌倉幕府発足
  • 1221年:死去

この記事でわかる事としては、「三善康信」の縁の物事、いわゆる「三善康信」の周辺情報についてまとめています。

今回は、「三善康信とは何者だったか?源頼朝を助けて初代問注所執事を勤めた武将の紹介!子孫や大河ドラマについても解説します。」と題してご紹介して参ります。

それではさっそく見ていきましょう!

関連するおすすめ記事

源頼朝とは何者か?お墓や死因、妻たちを解説:平氏を倒した鎌倉幕府の初代征夷大将軍のおすすめ本や大河を紹介

三善康信とは何者か?

鎌倉幕府初代の問注所執事として活躍された方ですね。

1162年に右少史となり,次いで中宮属,五位となっています。

母親が源頼朝の乳母の妹だったという関係から、伊豆の頼朝に京都の情報を伝えていました。

そして、頼朝挙兵後の1181年に出家して、1184年には鎌倉に下って頼朝の信任を獲得した人物です。

それまでの経験を生かして、新設の問注所執事となっています。

鎌倉幕府の体制整備に尽くした人物として知られていますね。

この後、源頼朝の側近として幕府の重要な政策決定に参画し,京都の事情に詳しいことから,幕府の朝廷対策では特に重要な役割を果たしたと言われています。




三善康信と源頼朝の関係

こちらでは、三善康信と源頼朝の関係について学べるおすすめ本をご紹介してまります。

三善康信の母は源頼朝の乳母の妹でした。

その関係から三善康信は、伊豆に流されていた源頼朝に月に三度の使いを送っていました。

そして、京都の情勢を伝えていました。

後白河法皇の皇子以仁王が全国の源氏に平家打倒の令旨を発した1180年には、平清盛が源氏を滅ぼすよう命令したことを頼朝に伝えました。

また、その際に、「源氏の正統の頼朝は特に危険なので早く奥州へ逃げるよう」とも、頼朝へ伝えていました。

関連する記事

後白河法皇とは何者だったのか?今様や大河ドラマ、平清盛との関係を紹介:保元の乱・平治の乱でも朝廷の権威を守った法皇

以仁王とは何者だったのか?平氏打倒を源氏に「以仁王の令旨」を出して宇治橋合戦で戦死した皇子

平清盛とはどんな人物だったのか?死因や貿易、厳島神社も設計?大河ドラマにもなった平氏の全盛期を築き朝廷の軍事力を握った男

三善康信が活躍した問注所跡

ここでは、三善康信が活躍した問注所跡をご紹介していきます。

引用:https://www.yoritomo-japan.com/page137montyusho.htm

鎌倉駅西口の御成小学校正門から、今小路を由比ヶ浜方面に行くと問注所跡の石碑が建てられています。

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町9−18

三善康信の子孫は?

ここでは、三善康信の子孫もご紹介してまいります。

調べによると、子孫として町野氏・太田氏・飯尾氏・布施氏らが挙げられます。

三善氏はは鎌倉幕府引付衆あるいは室町幕府奉行衆として活躍ています。

三好康信が登場する大河ドラマ

こちらでは、「三好康信」が登場するおすすめ作品をご紹介してまります。

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

2022年の大河ドラマは、三谷幸喜さんが脚本を手がけて、小栗旬さんが主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」になると決まりましたね。

三好康信を演じる小林隆さん

引用:https://tvfan.kyodo.co.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/1071133

大河ドラマで三好康信を演じる小林隆さんコメント

伯母が源頼朝の乳母であった関係で頼朝の平家打倒の挙兵に大きな役割を果たし、京都朝廷の官人から鎌倉幕府草創期の政務を支える存在となる三善康信。そのドラマチックな人生を生きることが楽しみでなりません。
平安時代末期から鎌倉時代初期へ、貴族中心の世界から武士中心の世界へという歴史の大きな転換期を、朝廷勤めで培った文官としての能力を武器に、思う存分生き抜きたいと思っております。『13人』の一人として。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=26316

歴史映画やドラマはU-NextやAmazonプライムがおすすめ

こちらでは、過去のドラマや映画が観れるサービスを少しだけご紹介しておきます。

興味がある方は、チェックして観てください。

引用:U-Next画面

まずはじめに、U-Nextについてご紹介します。

歴史系の映画やドラマは、多くのビデオオンデマンドサービスによって提供されてきていますね。

その中でもやっぱり利用しやすかったり、コンテンツが豊富なのはU-NextやAmazonプライムビデオですね。

U-NextではNHKの大河ドラマも過去の作品が観ることができます。

料金は月額1990円(税別)ですね。

そして、約14万本の見放題作品と70誌以上の雑誌が読み放題! 加えてレンタル作品の視聴に利用できる1,200ポイント(1ポイント=1円)が毎月付与されます。

引用:Amazonプライムビデオ

次にAmazonプライムビデオですね。

また、Amazonプライムビデオではコンテンツ量がとても豊富で、海外のドラマなどにも強いですね。

何れにしても、観たい作品を探して観るのでしたら、この2つのサービスは活用してみることをおすすめします。

こちらは、プライム会員ですと月額400円から利用できるというコスパの良いサービスですね。

オリジナル作品も多く、歴史以外にも楽しめるサービスです。

三好康信のまとめ

如何でしたでしょうか?

以上、「三好康信」についてご紹介してきました。

今回は、「三善康信とは何者だったか?源頼朝を助けて初代問注所執事を勤めた武将の紹介!子孫や大河ドラマについても解説します。」と題してご紹介致しました。

ぜひチェックしてみて下さい。

それでは、今回はこの辺で。

関連するおすすめ記事

源頼朝とは何者か?お墓や死因、妻たちを解説:平氏を倒した鎌倉幕府の初代征夷大将軍のおすすめ本や大河を紹介

後白河法皇とは何者だったのか?今様や大河ドラマ、平清盛との関係を紹介:保元の乱・平治の乱でも朝廷の権威を守った法皇

以仁王とは何者だったのか?平氏打倒を源氏に「以仁王の令旨」を出して宇治橋合戦で戦死した皇子

平清盛とはどんな人物だったのか?死因や貿易、厳島神社も設計?大河ドラマにもなった平氏の全盛期を築き朝廷の軍事力を握った男